汗っかきに良くない食べ物とは?

汗かきをさらに悪化させる食べ物にはどんなものがあるのでしょう?

1、香辛料が多い食べ物

辛かったり、刺激的な食べ物は発汗を促します。

韓国料理は香辛料が多くて辛いだけでなく塩味が濃いので注意、タイ料理は辛かったり、酸っぱすぎたり、甘すぎたりとやはり味付けが濃い料理の典型です。

2、肉類や油物や乳製品

肥満に繋がりそうな食べ物はみな良くないんです。太っているとどうしても汗をかきやすくなります。

肉を食べるときは、脂分に問題があるのですから、脂身を除いて食べたりする工夫をしましょう。

また、動物性脂肪を抑えて大豆製品などの植物性タンパク質をなるべく摂るようにしましょう。

3、カフェイン

カフェインも汗腺を刺激します。コーヒーや緑茶、紅茶、そして栄養ドリンクにもカフェインが含まれています。

汗っかきの人はノンカフェインのハーブティーをおすすめします。リラックスできるので緊張からくる汗対策にもなります。

体質改善するには食べ物からですよね。時間がかかっても少しずつ地道に改善していきましょう。

今すぐ何とかしたい顔汗には顔汗用制汗ジェルのサラフェをおすすめします。

顔汗の原因は幾つかあるのですが、何かの病気の症状でない限り、精神的なものと肉体的なものの2つに分けられます。

精神的なものだと言っても、じゃ精神を鍛えればいいのかという単純なことではありませんよね。なるべく緊張しないようにリラックスしたり、ストレスに強くなるようにメンタルトレーニングしたりすることも大切ですが、即効性はありません。

肉体的なものとしては日頃の生活習慣から改め直す必要があります。

肥満体型の場合、顔汗も含めて身体全体によく汗をかきます。BMI値が高く、体脂肪も高い場合は健康も考えてダイエットをしたほうがいいでしょう。

日頃、運動不足でほとんど汗をかかない生活をしている場合は身体の汗腺がお休みしていることがあります。急に体温調節しなければならないとき頭部から集中して汗が出てしまうんですね。やはり普段から適度の運動を心がけなければなりません。

食生活、飲酒が原因のこともあります。肉類、脂が多いものが大好きで、野菜は嫌いだったり、糖分の多いものをよく食べていたり、香辛料など刺激的なものが好物だったりすると多汗症になりやすいのです。食事では自立神経を整える働きをする豆類を積極的に食べるといいそうです。

このように内外両面からケアをしていくことが必要ですが、やはり 今すぐ何とかしたい人には向きません。

こんなときに顔に塗るだけですぐ制汗できるサラフェをおすすめします。サラフェは一度塗れば一日効果があり、汗が出る量を3分の1程度に抑えてくれるんです。購入はこちら⇒バスティーメイクナイトブラ 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です